前へ
次へ

就学間際の教育法を知ろう

幼児教育は3歳頃からスタートし、文字や数字に興味が出始める頃でもあり、そのお披露目に保育園や幼稚園などの幼児施設では「保育参観」があるようです。今は、遊びが教育として定着していますが、もちろん、身体を沢山使った体操教室だったり、語学力を養うにも適した年齢であるために英会話教室であったり、和の感性を養うための茶道教室なども体験しています。就学が近づいている園児もいるでしょうが、そうした年長クラスの教育にはどんな狙いが組み込まれているのでしょうか。小学生になることをしっかり感じられるように、小学校を見学し、意欲的になれることを狙っています。これまでは、友達との繋がりを深め、イメージを共有して遊んでいたものから、同じ目的を持って遊ぶことを楽しむことへ移行させます。これまでは、自分の思いやアイデアを優先して伝えながら遊んでいたものだったのに、就学間際にもなれば、遊びの中で友達の意見を受け入れながら遊びを進めさせるようです。

Page Top