前へ
次へ

教育を通じて得られること

教育は人と関わる上で切っても切れない関係です。子供、生徒、後輩に自らの知識を伝えることもあれば、親、教師、先輩から新しい考え方を学ぶこともあります。人は誰でも教える立場であり、同時に教えられる立場でもあります。誰かと接することで得られる知識は、自身が成長していくうえで非常に大切なツールとなります。人から何かを教わったとき、それは血となり骨となります。身につけた知識は武器となり鎧にもなります。自分の身を守ってくれることもあれば、ときには人を傷つけてしまうこともあるかもしれません。学べば学ぶほど考え方の幅が広がり、発想が豊かになり、選択肢が増えるなど様々なメリットがあります。人から何かを教わるという機会は、自身を成長させるとても良い養分となってくれるでしょう。しかしそれよりも、自身の成長につながることがあります。それは人に何かを教えることです。教えることは教わる以上に自分のためになります。まず、人に何かを教えるときには自分が内容を完全に理解している必要があります。当たり前ですよね。分からないことは人に説明できません。

Page Top